スポンサーリンク

スポンサーリンク




久しぶりに「レース」を走った話(まるおカップ)

レース

おひさしぶりです。
おたすの足底筋膜炎日記です。
最近は、あまりブログの更新ができず、、
代わりにポツポツとyoutubeにて、練習状況などを更新しておりました。

そして、昨日ついに復帰レースを走りました。

復帰レースの日

ついに復帰レース当日。
前日からワクワクしていて夜も眠れませんでした(?)

身体に疲労感もなく、あるのは「練習不足感」だけ。
ジョギングと流しだけ。あとは少しの筋トレ。

R`Gゲームで例えるならレベル1で、ラスボスの勝負に挑むイメージ。
走り出す前までは不安しかない状態。




足に痛みもなく、身体の調子も悪くなかったので現時点での良い走りができるのでないかな?
と考えながら。

そして、着替え
この2XUのタイツがキツいこと、キツいこと、、、、、

 

お腹にお肉が付きすぎている、、、、
身体もなんだか重いような、、
大丈夫か これ、、、


いざ、レース。

5000mの設定タイム(目標タイム)は18分00秒
1kmあたり3分36秒/kmのペース

事前にスタートリストを見た段階で、
18分00秒のペースメーカーがいないことはわかっていたので、選択肢としては2つ。

①自分でペースを作りつつ、同じくらいの目標タイムの方々と集団を形成する。最後にペースアップ。

②17分30秒のペースメーカーについていく。
後半キツくなることが予想されるが、
耐えて、18分切り。

結果選んだのは、、、

集団、安定したペースメーカーがいることは
大きなメリット。
また、練習不足の今の状態であれば後半のペースアップは
難しそう。という判断。

いざスタート。
17分30秒のペースメーカーについていく集団の中で
後方待機。
1km、2kmと集団の中で動きはあるものの、
極力無駄な動きはしないように。
余計ないことを考えないように。
淡々と足を動かすだけ。

3kmすぎ、集団が縦長になった段階で
ペースメーカーが抜ける。
一気に集団がバラける。そこで万事休す。

その時点で、おたすの残りHPもゼロ。
2000mを過ぎて頭の中では
「どこで辞めよう」
「あと1周で辞めよう」
「次のカーブで辞めよう」
そんなことが頭の中をグルグル。

辞めたかったけれど、最後まで走りきることができたのは
現地で応援してくださった皆さんのおかげです。

身体の状態は、下記のような負のスパイラル。

キツくなる

動きが悪くなる(フォームが崩れる)

足にも痛みを感じ出す。

また、キツくなる


最後までこのスパイラルから抜け出せず、、、
以下、1000mごとのラップ
3’31”-3’32”-3’40”-3’48”-3’41”
合計18分13秒

目標タイムのクリアまでは、
14秒ほど足りず、、、

感想

小学生のような感想ですが、、、
楽しかった

レース中の駆け引き
周りの選手の息遣い
全身の筋肉の張り
肺の奥からする血の味

全部が懐かしくて、とても楽しかった。
久しぶりに、バイブスが上がりました

1日経過して、
あそこであーすればよかった
こーすればよかった
数日前はこういう練習をすればよかったetc

レース終わりにどんどん出てくるのも
なんだか楽しい。
ここには書ききれませんが、
頭の中は、反省点・課題が盛り沢山です。
どうやって体力を戻していこうか?
それを考える作業も楽しいです。

ちなみに、、、
足は大丈夫です
(翌日もジョギングすることができました)

というわけで、本日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

レースの様子のフルverのチャンネル内で
アップしております。よろしければご視聴ください。
おたすの足底筋膜炎日記

おわり レースの動画はこちら

【まるおカップ】5000m 目線カメラ 3分36秒/kmペース 目指せ18分切り【レース動画】【ガチラン】

コメント

タイトルとURLをコピーしました