スポンサーリンク

スポンサーリンク




痛みと対話している気がする。

怪我予防

こんにちは
おたすの足底筋膜炎日記です。

今日はちょっとスピリチュアルな話です。
最近、自分の中で「痛み」と対話をしている気がする

そんなお話。

痛みとの対話 ケース①

おはよう
今日の痛みはどんな感じかな、、、

おはよう 今日もぼちぼち痛むぜ

毎朝、こんな感じ
痛みがある日がなかったり、違和感がなかったりさまざま
時には、全く痛みが出ない日があったりして、、

おっ!今日痛みないやん!
走れるやん!!ジョグしたろ〜


〜10分後〜

なんか、筋肉が温まってきて
筋肉も張ってきたな、、、
違和感のような、痛みのような、、

お待たせー
ちょっと出遅れたけど、
今日もがんがん痛みを出すぜー

イメージとしてはこんな感じ

痛みとの対話 ケース②


運動をしていない日常生活のシーンでも
違和感を感じてしまうことも多い。

逆に、頭の中から「ランニング」のことを
忘れてソファーでぼーっとYoutubeを見ている時は
意外とスーッと痛みが抜けている気もする
(身体がリラックス状態であることも関係?)

逆に、自分の中で

11月には故障が完治して、
1ヵ月くらい継続して練習をして
12月〜年明けくらいには
10kmのロードレースに出場できたらいいな

何か良いレースないかな・・・・

みたいなことを考えていると、、、、、

おいっ!俺のこと忘れるじゃねえよ
まだまだしぶとく残るぜ、、、
苦しめてやるぞー!

なんか、足痛くなってきたら
レースエントリーするのやめよっと

意外とこんなこともあったりします。
レースを探すのをやめた途端、痛みが引いたり?

痛みとの対話 ケース③

よしっ!今日は治療にいくぞ!
そろそろ家を出るか、、、

えっ!!やばい・・・!
俺の存在が消されてしまう・・・
あかん。なんとかしないと・・!

ん?なんか、治療に向かっている途中にも
痛みが悪化しているような・・・
この症状もしっかり先生に伝えよう。

治療に行く時は、
特に痛みが悪化しているような気がする。
※あくまでもイメージです。

スピリチュアルな話

ダラダラと色々なことを書きましたが、、
1日24時間のうち、16時間くらいは
足が痛いので、スピリチュアルな話は抜きにしても
怪我が治っていないような気がします。

ただ、走ること・怪我のことを考えることが
無意識なうちに身体に影響があるのかなと。


深層心理では、
身体は「走りたくない」と思っているのかな。


お腹いっぱいで、胃の中はギュウギュウだけど
口、舌では何かを食べたがっているあの感じ?
*味わいたいと感じている?


野球選手の肩や肘と一緒で
長距離ランナーの膝や腱は消耗品で
使いすぎると使いものにならなくなると思っている派の
おたすです。

だから、この深層心理では「走りたくない」と思っているかもしれないこの時期は、膝や腱を回復させている時期だと信じてしっかり休ませましょう。

知らんけど、、

とはいえ、マラソンレースの集団の中を走っているシーンが夢の中で出てくるくらい、頭の中では走りたいと思っているので、回復・完治?させる方法を引き続き模索しようと思いましとさ。

めでたし めでたし

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました