スポンサーリンク

スポンサーリンク




努力は夢中に勝てない

ランニング

  努力は夢中に勝てない という言葉が好きです。 

この言葉は、すごくいろいろな意味が詰まっている と解釈しております。
「努力をしている」と自分で感じている状態は、まだまだ努力にはなっていないと思います。夢中=好きだから、継続できる、工夫できる。               
好きだからこそ、時間やお金という対価を支払う。これが無心にできている状態がとても良いなと思います。                              
これは、自分の実体験ですが、
周りに「○○をしていてすごいね」「○○を続けられてすごいね」そんなことを言われることも多いです。
それに対して「えっ?そうかな?普通なのに、、、」そう思うことが多々あります。
(自慢みたいになってしまい、申し訳ありません)

夢中で走り抜けているので、よくわからなかったが、
ふと後ろを振り返ると、ここまで積み上がっていたんだな という形です。

月間どれくらい走るいうことは決めずに、走り始めていたら
2426Kmも走っていた。
そんな感じです。昨年の9月からは1ヵ月に200Km以上走るようになっていました。

今も走ることは好きなので、変な義務感などにも捉われず積み上げることができます。
この状態がいつまで続くかはわかりませんが、これからも積み上げていきます。
そして、いつかそれが大きな1つの形になることができると信じています。
この記事を書いている、2020年6月11日は各地でのマラソン大会やレースが中止になっており、モチベーションの意地がなかなか難しいです。
好きだからこそ工夫ができるように。

夏バテにも気をつけながら、夏バテにはこれがおすすめ↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました