スポンサーリンク

スポンサーリンク




レースの振り返り?

未分類

レース展開

MKディスタンス 5000m
外してしまいました。。。。

前回と同じ競技場で、前回は16分30秒のペースメーカーについていき撃沈。
今回は、その時の反省を活かして、16分40秒のペースメーカーについていく計画。

約1kmあたり2秒のペースダウン。
それで身体がどれくらい余裕が出るかを見たかった。
正直なところ、3000〜4000mくらいまでこのペースでも余裕があるだろうと油断していた。

ラスト1000m付近から、
ペースを上げて、16分30秒〜35秒あたりが
ターゲットタイムでした。

はずました

レースがスタート。
序盤は、位置取りにやや苦戦したものの、
16分40秒のペースメーカーの3〜4人うしろにつく。
意外と縦長の展開になり、
ペースが速いと感じているランナーも多かったのかな?

1km 3分18秒
2km 3分19秒

ほぼ完璧にペースメイクをしていただく。
そこから一気ににキツくなり、大幅なペースダウン。

正確には、2000mの手前からすこし無理をして
ペースメーカーの形成する集団についていました。

「そのうちラクになる。」と念じながら
走り続けるも。願いは通じず。
無理がたたって、3000mの通過は10分8秒。

最後の2kmは3分30〜40秒/kmのペースで
レースをしていたことになります。
(ペース走のペースやん、、、)

ゴールタイムは、17分08秒

原因について

ウォーミングアップのジョギングをしている時は、
「おっ!今日は調子良いかも」と思っていたものの

レースでは、最初の1000mから、
いつもよりキツいな〜 という感覚。
この感覚のズレはなんだろうか。

身体がキツいと、実際にはキツくなくても
メンタルで自分を追い込んで自滅してしまうと思う。
今度から、
キツくなったら脳内をお花畑にして走ろうと思う。

冗談を言いながら、走ってる方が
身体もリラックスできそう。
実際、いつもポイント練習の時はこんな感じで
リラックスして走っているので、、、

【ポイント練習】メタボの会 Aチームはこんな雰囲気【まるお製作所】【MKディスタンス】

まとめ

上手く走れなかったり原因を自分なりにまとめ

・刺激を入れなさすぎた
・身体がバキバキだった(労働疲労)
・思考がネガティブだった
・諦めるのが早かった?

ここ最近、16分50秒〜17分10秒の間のタイムで
よく言えば、まとめられている
悪く言えば、成長していない。

陸上は、記録が出ると楽しいが
自身の記録が停滞していると感じると
つまらなくなってしまいますね、、、

病んでいるわけではないので、あしからず!

特に、土日は各地でレースで大会が多いので、
自分以外の選手の良いタイムが耳に入ってくると、焦る気持ちがあります。
(SNS等から)

いかに、自分を見失わずに正しいトレーニングを行うことができるか
それと向き合うことができるか。
コツコツ続けていこうと思います。

まとまりがないですが、

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました