スポンサーリンク

スポンサーリンク




MKディスタンスチャレンジ 10月25日 5000m1組目

レース

MKディスタンスチャレンジ 5000m

レース当日。起床、左の臀部の張りが微妙〜にある。
腸脛靭帯炎?のちょい手前のような感覚。
この「腸脛靭帯炎」ともかれこれ10年以上の仲である。
ブログの名前、「おたすの腸脛靭帯炎日記」に変えようかな。

といいつつも、これくらいの疲労度、張りであれば
いつもポイント練習は行っているので、
今回もレースへ出走。うまく付き合うことができていると思う。
レース中に爆発しないことを祈るだけ。

しかし、レース前に家を出るときに時計が爆発。
まさかのベルトが切れる自体に。
急いで瞬間接着剤で応急処置。レース中に壊れませんように……

レース前にドタバタ

スタートは15時04分

1500mの高速レースもいくつか見たいな〜という気持ちがあったので
すこし早めに家を出る。
引越しをしたおかげで代々木公園(織田フィールド)が近くなったのが嬉しい。

気温がやや高め

半袖、半ズボンでちょうど良いくらいの気温。すこし暑かった。
アップをしすぎると、疲れてしまうかなと思いながらウォーミングアップ。

スポンサー企業変わった?

レース展開

MKディスタンスチャレンジは、ペースメーカーが用意されている。
自分が出走するレースには、2人のペースメーカーが

①16分45秒
②17分00秒

どちらについていくか、スタート直前まで悩んでいた。
考え抜いた結果:17分00秒のペースメーカーについていき
ラストであげて16分45秒を捕まえる作戦でスタート。

以下ラップ(多分)
16分52秒【3分25–24–24–24–13】
17分00秒の良いリズムで刻んでくださるペースメーカーを徹底的にマーク。
ラスト1000mからペースをあげるも、16分45秒のペースメーカーまで届かず…
という感じ。最初がゆったり入った+このペースには比較的余裕があって3000まで進められた。

20度超えということで、結構暑かった。
走り終わった後に発汗量が多いことに気づいた。

久々の20度超え 暑かったー

結果

16分52秒9 *厚底使用
なんだかんだで自己ベストは嬉しいものです。

でも、次に走ったときにこの記録を超えられないと嫌になるんだろうな〜
走るたびに毎回自己ベストがいいな〜 と、そんなことを考えています。

もっと攻めたレースができたかもしれないが、それは次にお預け。

全体の8着でした。
次は頑張ろう〜
カメラ目線?

今後

早い時間帯に自分のレースが終わったので、
他のランナーの走りを観戦・応援しながら
織田フィールドの中の芝生をjog。約1時間。12km走れました。
コツコツ 来るべきマラソンシーズンに向けて脚作り。

レース終わってから、何も食べていなかったので
途中でエネルギーを補給するために、荷物を取りに行っている。

プロテイン

次のレースは11月7日の 葛飾ハイテクハーフマラソン。

そこまでの流れとしては、
その前の10月末にどこかで距離走をやりたいところ。
問題は疲労を溜めすぎないこと。レースを入れすぎるとトレーニングが積めなくなるので
バランスが難しい。スケジュールもなかなか立てづらい。

お家で反省会

月曜日から仕事なので、、、

お家でノンアルコールで
MKディスタンスチャレンジお疲れ様会。


月曜日から仕事もしっかり頑張ろう。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました