スポンサーリンク

スポンサーリンク




30km走の練習会って、意外と需要あるの?

トレーニング

30km走って意外と需要あるの・・・?

昨日、2月〜3月に30km走の練習してくれる方をTwitter上で募集したところ、
かなりの反響が、、、
ぜひぜひなんとか実現にこじつけたいところ。
やはり、30km走という距離は1人で行うもなかなか大変だし。飽きるし。
ゆっくり走るも微妙だし、、、ある程度速いペースで行いたいとなると
練習会に参加するしかない。

という流れになっているのだろうか。
おたすの足底筋膜炎日記練習会。
駒澤公園とかで開催しようかな?

30kmを行わずにマラソンを走ること

マラソン前に30km走を行うメリットは、
脚の筋力強化や心肺機能の強化以上に
メンタル的な要素が強いと思います。
「練習で30km走ったから、フルマラソンの距離はあと12kmだけだ」
こんな心理的な余裕を持って終わらさせるのがベストなのかなと思っております。

実際初マラソンの時は、30km走は1度も行わずに迎えました。
練習でも1度に走る時の最長記録は、16km〜20km前後。
タイムは、2時間52分。

「距離が長いー」が最初の感想でした。
ただ、30km走などのトレーニング不足というよりも、
「脚の裏のマメが痛くて、走りづらかった」の方が強く感じました。

42kmを走りきる力をつけるために、必要なトレーニングは
1度に30kmを走ることよりも、
毎日8km〜10km走ることを3ヵ月くらい続ける方が個人的には効果的かなと思いました。
(個人差があります。)

自分は、1度に負荷の高いトレーニングをしたり、
2日連続で負荷をかけすぎると疲労が溜まってうまくパフォーマンスが発揮できない
ということがあるので、走る距離を分散させてちょくちょく少しずつ走り
マラソンを走るきるのに必要な力を養っているイメージです。
故障をしないことを最優先。

11月の走行距離

11月23日終了時点で300km超え。
11月はあと1週間。
その時点で300kmを超えているのはなかなか、、、、、
11月28日ハーフマラソンに出場するのでけっこう距離は踏みそう
(東京チャレンジマラソン 秋)

身体のいろいろなところに少しずつ痛みや違和感、張りが出てきているので
練習終わりに忘れないように「痛いところメモ」を書いて、

こんな感じ

そこを重点的にケアをしてから寝るように心がけています。
寒くなってきたので、怪我に注意。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました