スポンサーリンク

スポンサーリンク




早朝のタイムトライアル 8時40分スタート

未分類
走り終わった後はいつもこんな感じ

突然の連絡「1000m2分40秒で走りたいから引っ張ってくれ」

突然の連絡、その連絡は前日の21時ごろに届きました。
そのメッセージを見たとき、私は軽井沢からの帰りの新幹線の中でレモンサワーを飲んでいた
土曜日にポイント練習、月曜日は完全にランニングはオフ(飲酒済)、
月曜日を休もうかと思っていたくらいの身体の状態、そんなときにきた突然の連絡。

新幹線の中で野球見ながら、飲酒中

身体の状態は?

お酒も飲んでいたし、いかんせん先週のトレーニングが終わった段階で身体の調子は悪かった。
自分のほぼ自己ベストと同じペースで引っ張ることができるのか。
もしかしたら、嘔吐してしまうかもしれない。
前日の夜の段階で、「起きることができたら、参加します」と返事をして就寝

起きてみると意外と身体が軽かった

お酒の影響はあったので、少し頭がボーッとするかな
という感覚はあったものの、それ以外は概ね良好。
軽くアップをしながら、トレーニング場所の河川敷で。
直線でほぼ1kmをとることができる荒川の河川敷。
最低600m、いければ1000mまでという口約束でスタート

オレンジのランシャツが私、とんでもないヒールストライク走法。
こんな走り方じゃ、かかとがすり減りますわ、、

左:ヒールストライクの人とヴェイパー
右:フォアフットの人のヴェイパー

踵のソール部分の消耗度が違う。

タイム:800m地点(Garminの自動ラップで参考値)61秒–66秒
800m通過後にすこし流して、

早朝でも、そのくらいタイムで走ることができるんだな〜と実感。
最後は少しキツくなったけれど、成長を実感。
次は、このペースで1000mまでもたせられるように、、、

練習パートナーは無事、1000mを2分35秒で走破。
最低限のペースメイクはできたかなと。


走り終わった後は、酸欠で頭ガンガンしていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました