スポンサーリンク

スポンサーリンク




強度の高い練習を2日連続で行うことのメリット

トレーニング

練習会へ参加を増やした

毎週、個人的に行っている水曜日と土曜日or日曜日のポイント練習意外にも、
金曜日ポイント練習を行うことが今後も増えていくことになりそう。
そこで、2日連続で強度の高い練習を行うことのメリット、デメリットを考えていきたいと思う。

参考にするのは、こちらの本▼▼

メリット

本書でのケースは、火曜日と土曜日にレースがある場合はいつにレースを行ったら良いのか
という問いに対する答えである。
これには、2つの答えがあり、

1つ目は、もともと強度の高いトレーニングを行っているので他の日に関しては強度の低いトレーニングで良い

もう1つは、火曜日レースを走り、強度の高いトレーニングは水曜日に行うというものである。
実は、きついトレーニングを行った筋肉の疲労感は、24時間後よりも48時間後に現れることの方が多い。

つまり、水曜日に強度の高いトレーニングを行ってもうまく走ることができる。

これをバックトゥバック(Backtoback)の原理という。
(2日練速で高強度のトレーニングを行うこと)

また、2日連続で高強度のトレーニングを行うことを想定しておけば、1日目の高強度のトレーニングを行う際に、オーバートレーニングや設定をお幅に超えて行うことも減らすことができる。頑張りすぎを防げる。

オーバートレーニングといわれるもの、
強度を高める(設定ペースをあげるetc)のタイミングはかなり慎重にならないといけない。

それよりも、2日連続で強度の高いトレーニングを行うことで、

*前回は2日連続では行うことができなかった高強度のトレーニングの組み合わせができるようになること

また、同じ強度のトレーニングがラクにこなせるようになる。

が、成長につながるのでは無いかなと思いましたとさ。


2日連続でトレーニングを行う際は、自身のキャパシティを超えないように行うことは大前提としてあります。
ご注意ください。

短いすが、そんな感じ。
おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました