スポンサーリンク

スポンサーリンク




モヤモヤしながら、走り続ける。

モチベーション

おはようございます。
せっかく自分なりの能力の高め方や
コツを掴みかけてきたところでしたが….
それを自分の身体で試すことができない

というのは、もどかしい…
「考え」「試してみたこと」だけが
自分の頭の中に蓄積されていき、、、
すこしモヤモヤ。

同じようなことを感じている方に
少しでも共感していただければと思います。

モヤモヤしている

おたすの場合、
5/13-7/20まで、謎の「膝痛」と戦っていました。
上記の期間、いろいろな治療院に通ってみたり
さまざまな治療法を試してみたり、、、


状況が改善されず、7月にMRI検査
→「骨挫傷」という判定

1ヵ月の絶対安静
→2度目のMRI再検査

8/20に「完治」という報告。
まずは、ウォーキングから初めて
すこしずつジョギング。

まだ、すこーし足の違和感の残りがあり。
たくさん走っていくうちに無くなるのかな。

3ヵ月で

そんな違和感を感じながらも、
ようやく30分走れるようになりました。

しかし、時間が経過すると
まだ違和感や痛みが大きくなってきているような

これが、
・久しぶりに走ることで身体がビックリしているだけ
・筋力低下による筋肉痛
・柔軟性が落ちているにも関わらず、無理な無理なをしている
故障が完治していない

どれなのか
1発でわかればいいのにな〜

なんとなく、病み上がり独特のキツさだけでなく
故障の後遺症みたいなものを少しだけ感じる、、、

怪我が1発でわかる秘密道具

みなさんに聞いてみたいのは、

3ヵ月間安静(日常生活+上半身筋トレ)
それでも、治らない(状態が良くならない)
故障・怪我ってあるの?

これがモヤモヤ。。。

もう1度診察にいこうかな

できることを淡々と

ダラダラと今のモヤモヤした状況を書きましたが、
目の前でできることを淡々と。

自分が今できること(やりたいこと)は
・しっかりと治す(違和感ゼロ)
・体力を戻す
・マラソンの自己ベストを更新する

そのために何ができるのか?
どういう状態になりたのか?を
明確にメージを持つ。持ち続ける。
そのイメージになるように少しずつ近づける。

「めんどくさい」「あとでやろう」
など「不快な感情」脳が感知してしまうと、
めんどくささ、やりづらさが何十倍にも膨れ上がる。


脳が「不快」を感知する前に、
手や身体を動かそう。
作業を始めてしまえば、こっちのもん。

というわけで、やることを決めて
淡々との取り組むだけ。

今はそんな感じ。
負の感情が芽生える前に没頭する。


ダラダラとした文章に最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

おわり

コメント

  1. パン より:

    おたすさんいつも楽しみにしてます

タイトルとURLをコピーしました