スポンサーリンク

スポンサーリンク




トレーニングのモチベーションを維持する方法

モチベーション

こんにちは、こんばんは、おたすの足底筋膜炎日記にお越しいただきありがとうございます。今日は、トレーニングのモチベーションを維持する方法について深掘りしていきたいと思います。

この記事を書いている2020年6月は、新型コロナウイルスの影響により
マラソンの大会や各地のロードレースの中止が決まり
モチベーションが低下しているランナーも多くなってきているように感じます。

また、それと並行して学内で行われる記録会(公認記録会)など中止も発表されております。公認の記録を求めているランナーにとってはかなり痛手になっております。

自身を記録を狙う大会、順位を狙う大会を設定しそこから逆算し、
トレーニング計画などを立てるのですが
この状況下ですと、個人的にもかなりモチベーションを維持することが難しく
家の中でダラダラしていたり、不摂生な生活になりがちです。

そんな中でも、ランニング仲間と一緒にトレーニングをしたり
(むしろその後のオフ会のような、飲み会や食事会を楽しみにしたり)
タイムトライアル形式での練習に参加してみる。

そんな感じで良いと思います。
シューズと道さえあれば、いつでもタイムトライアルはできるので。
目標としているレース、試合がないのに
・ただ練習をがんばらなきゃ
・体重が増えてきたので、痩せなきゃ
・設定のタイムをクリアしなきゃ

そんなことばかり考えていると、息が詰まりますし
逆に苦しくなります。
一旦、肩の力を抜いて気楽に走ってみるの良いと思います。
個人的にペースも気にせず、時計もつけずに景色を楽しみがなら走る。

そうすることで、モチベーションや調子も上がってくることもあります。
ランニングで身体の健康の前と心の健康を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました