スポンサーリンク

スポンサーリンク




ジョグシューズを新調しました。

新年明けましておめでとうございます。
新年に向けて、ジョグシューズを新調しました。

今までは、ナイキ リアクト インフィニティ ラン フライニットを愛用。



このシューズがどんなシューズかというと。
怪我を防いでランニングの継続をサポートするシューズ


怪我の多いランナーにとっては、ありがたいですよね。
5足ほど、このシューズを履き潰したので、次は新しいシューズに手を出そうかなと。
とても良いシューズなので、新調したシューズ合わなければ、このシューズに戻すのもありだと思います。

そして、新調したジョグシューズ
その名もEVORIDE (以下、エボライド)


このシューズ選んだ理由は、、ただ1つ。

値段が安いから。

新しいジョギングシューズに挑戦する時に、高額のシューズを購入して自分に合わないとダメージが大きいので
リスクを抑えるために休めのシューズでトライ。

100kmほどジョギングで履いてみたので、レビューをさせていただきます。



①値段

まずは、値段。最近EVORIDE 2(バーションアップ)が出たこともあり、型落ちは安くなる。

大手通販ショップで値段を見てみると、相場として4000〜5000円ほど。(おたす調べ)
店頭で買ったとしても、6000円くらい?

本気で探せば。3000円台で買うのも夢ではない。

今までこれだけ、安いジョギングようのシューズがあっただろうか。
いや、無い。

②重さ

通常のジョギングシューズの重さはこんな感じ。(おたす調べ

Ghost13286g (27cm)
ペガサス38:265g(メンズ26.0cm)
ナイキ リアクト インフィニティ :272g(27.0cm)
クリフトン8:250g(メンズ27.0cm)


それに対して、エボライドは、約250g / 27.0cm
いいぞ!いいぞ!エボライド!

*エボライド2は、27cmで232gとさらに軽いみたい。

安いシューズの重くて走りづらい印象を払拭してくれました。
届いたシューズを受け取った時も段ボール越しにも軽さが伝わってきました。

③クッション・フィット感

足を入れてみた感想。
足の形は日本人にぴったり

俺はやっぱり日本人だ(?)

日本人であれば、アシックス製のシューズを1回は履いたことがあると思う。
あの安心感、ふたたび。

最近は、ナイキに浮気していてごめんなさい。
おたすも足幅がやや狭い方だが、そんな私でも幅が余ることなくスッと履くことができました。

足の母が広い人はWIDE版もあるので、そちらを試すのもありかも?

その分クッション製がない分
安定感もある+へたらなさそう 
値段の割に長持ちちそう。

まとめ

買った後に、気づいたけど
この○○ライドというアシックスのシリーズは、
ラクに前に進むことをコンセプトにしているらしい。

スピードを出すのではなく、ラクに走ること。
だからこそ、フルマラソンで3〜4時間を目指す方向けなのはもちろん。

それ以上のレベルのランナーに関しては、ジョギング用にぴったりなのかなと。

おわり

詳しくはこちら





【安い】【コスパ重視】シューズレビューEVORIDE(エボライド)【asics】

コメント

タイトルとURLをコピーしました