スポンサーリンク

スポンサーリンク




コロナ〜隔離生活終了・日常生活へ〜

モチベーション

前回の続きになります。
まだ読んでいない方はぜひ読んでみてね。
身体の状態は、15日に熱が再度出てからというもの順調に回復をしておりました。


最後の3日間

8月16日
前日の夜に発熱したものの、、、
翌日の朝からは元気に。
自宅療養者のしおりに、

発症から、10日間の最後の3日間に咳や発熱がなければ、他人に感染させる可能性を体現しているので外出OKになる。
とのことだったので、
ドキドキしていました。
おたすの体内で無事に10日間でウイルスを死滅させることに成功したらしい。

発症から10日間で死滅する!!!

8月17日
おたすの体調は良い感じ。
これで、16日、17日、18日と
最後の3日間で、
何も問題なければ晴れて外出できる。


しかし、妻が具合を悪いと言い出す。
発熱外来にて、PCR検査を受ける。


おたすが回復している途中で、
感染させてしまったのか・・?
というとんでもない罪悪感。

妻は、
自分は発症したタイミングで陰性。
そこから部屋を完全に隔離して生活。
感染対策を徹底したいたはずでしたが、、

うーーーん。明日のPCR検査の結果まち。

8月18日
おたすの自宅隔離最終日。
体調も安定。熱もなし。咳もなし。

妻のPCR検査の結果、、、
陽性。
自分は、外出OKだけど、
「陽性の判定を受けた人と同居している」
なんともグレーな状態。

保健所に確認したところ、
おたすは「濃厚接触者」という扱いにはならないとこと。明日から外出できる。

自宅療養の期間が伸びた
妻がかわいそう。
ごめんなさいという気持ち。

8月19日
今日から、毎日LINEで体温や酸素濃度を報告する義務もなくなった。

10日ぶりの外の空気はおいしかった。
今日から、
介護される側から
介護する側へ。


やることは、
買い出し、洗濯物、部屋の換気、
部屋の前にご飯を置く。
そのくらいだけど。

陽性だけど、
元気な妻に救われました。

とはいえ、職場の人や周りから見たら
「陽性者と一緒に住んでいる人間」
というレッテルは貼られている状況なので
余計な外出はしないように心がけます。

自分の身体の経過観察もしっかりと。

死んだウイルスも反応する

今、日本中でPCR検査が行われていて
陽性者もどんどん増えています。
おたすは、外出OKになりました。

その理由は、10日間でウイルスが死滅して他人に感染させる可能性が限りなく、低減される(以下略)だそうです

ただ、今外出OKなおたすがPCR検査を受けると
陽性になってしまうらしいです。(どういうこと?)
*PCRは死んだウイルスにも反応する

うーん。今陽性者が多いって
これが原因なんじゃないのかな?なんて思ったり。

感じたこと。

10日間隔離された空間で、感染対策をしながら
過ごしてみて、感じたこと

感染力つよすぎ
自分たちのなかでは、かなり気を遣っていたにも関わらず、感染してしまいました。
もはや、感染するしないって運ゲーじゃないか?

人によって体調にバラつきありすぎ
自分は、MAX38度くらいでしたが、
妻はMAX37度くらい。今のところ。

同時期に陽性の判定を受けた人がいたので
電話等で情報共有をしていたが、
酸素濃度が低下して吸引が必要な方や、
即入院になった方など様々。
逆におたすよりも元気でピンピンしている人もたくさん。

(会社では定期的にPCR検査実施中)

「陽性でした」言った方がいいの?言わない方がいいの?
仕事の話や日常会話の中で、
「コロナ」という単語が出ない日はほぼないと思う。その時に、自分が「陽性」判定を受けたことは言った方がいいの?言わない方がいいの?
言ったら言ったで、警戒されそうだし
言わなかったら言わなかったで、
「なぜ言わなかったのか?」になりそう。
めんどくさい世の中になりました。

他人を感染しそう
保健所の見解では、他人に感染させることはないけれど、、
レジでお会計をする時、人とすれ違う時、
過敏に反応してしまう。
これもなんだか弊害だなー
他人からも感染したらどうしようという恐怖みたいなものがある。
久しぶりの外は怖かったです。

外出してみて

10日ぶりの外出。240時間ぶり。
圧倒的な開放感。
空は広かった。

家の中にいる間は、同じようなご飯

こんなのとか
こんなのとか

こんなものばかり食べていたので、
ジャンキーなものを食べたくなっていました。
そんな中で、選ばれたのは

青い空
緑のモンスター

文字通り、身体に染み渡りました。
自分史上 最高のMonster

そのあとも、人混みを避けながら
20分ほどお散歩。
身体中の筋肉の衰えを感じました。
さぁ、ここからどう盛り返していくか

来シーズンはやり返すぞ

今シーズンは、5月からの故障(骨挫傷)
そして8月からのコロナウイルス。
走りたくても、走れない辛い時期を過ごしました。

全く走り込みをしていない状況で、
マラソンシーズンへ突入します。
さてさてどうなることやら。

幸いコロナウイルス中にしっかり休んだおかげで
骨挫傷した骨はしっかり治ったと思う。

コロナでどれくらい体力が低下したか
わかりませんが、少しずつ戻していけるように頑張るぞ

最後に

このウイルスはとてもとても感染力が強いので
お気をつけください。
無症状でも「陽性」の判定を受けると、
色々めんどくさいことだらけです。

そして、熱が出るのはやっぱりしんどいです。
かからないことに越したことはありません。

また、自分の身近に重症化した人間がいるから
思うことかもしれませんが、
基礎疾患のある方や高齢の方は、かなり苦しんでいる印象です。(一個人の感想です)

というわけで、かからないのが1番!

以上、コロナウイルスに感染した人からでした

おわり


コメント

タイトルとURLをコピーしました