スポンサーリンク

スポンサーリンク




コロナ〜発症・途中経過〜

怪我予防

最近、更新がストップしておりました。
おたすです。

理由は、、なんと
おたすがPCR検査の結果
コロナ 陽性の判定を受けてしましました。

以下、ほぼテキストのみとなります。
コロナの発症時のこと、経過などについて
ダラダラと書いていきますので、
もしよろしければ、お付き合いください。

発症のタイミング

遡ること、
8月6日 金曜日。
1週間の仕事を終え、帰路につく。
この日は、めずらしく出社していました。
(おそらく感染したのはこのタイミング)

8月7日 起床
女子マラソンを観戦。
特に体調の変化もなく。
大好きなランニングをしたかったが、
足が故障中のため大人しくウォーキング。

なぜか、筋トレのモチベも上がらず、
家でダラダラする。
(もうこの時は、発症していた?)

8月8日 
男子マラソンを観戦。
大迫選手のラストランということで、
応援にも熱が入る。この時は、体調に特に問題なし。
早起きをしたため、午前中に仮眠をとる。
AM11時〜12時で睡眠。
起床すると、微熱とダルっぽさがある。

万が一に備えて、病院までタクシーで移動。
「風邪の症状」だけだったが、
念には念を入れて、PCR検査を受ける。(¥12,000)
ここで、PCR検査を受けないという選択肢もあった
*お医者さんに言いくるめられている感があった。

結果:陽性
検査結果って5分くらいで出るんやね
その時の様子はこちら▼▼

陽性になってしまいました、、、

そこから、隔離生活スタート。
すこし身体がダルいな〜 
という感じでした。
熱は、37.0〜37.5ででした。

保健所・職場・家族に連絡、、、
隔離生活の準備、、と
この日の午後はバタバタして1日が終わりました

奇跡的に妻は陰性でした。

感染 発覚後

8月9日
熱は相変わらず、37度台。
落ち着いている時は、36度台。
夜にすこーし熱が上がる感覚がある。
喉のイガイガ。鼻詰まりも少々。
身体のダルさもあまり感じず、、、
味覚にも異常なし。
酸素の値も問題なし。



冷えピタ貼って寝てました。

8月10日
熱がどんどん上昇。
特に夜中がしんどかった。

というのも、
朝→保健所への定期連絡のため早起き
昼間→微熱でだるいので昼寝
夕方→なんか昼寝
夜→目がバッキバキ。

この目がバッキバキの状態で、
38.5以上熱が上がるとしんどい。
寝たいのに、寝れない、、、
そして身体が熱い。

生き地獄でしたー。拷問でした。
冷えピタ+氷のう で夜を凌ぎました。

市販の解熱剤は効果はいまひとつでした。

8月11日
調子が良い時、37度
調子が悪い時、38度

そんな感じ。熱以外の症状はあまり気にならず、、
ただただ熱がきつい。

2時間おきくらいに体調の変化があって、
ペースの上げ下げをくらってる感覚。
夏の暑さ+体温上昇で夜が寝苦しかった。
マラソンで例えると、
集団の後ろでラクをしていたら
突然のペースアップ。
そのうちペースが落ち着くと思い、
しばらく我慢するも
ペースが落ちる気配がなく、、、、、 
という感じ

しんどい時間が長く、精神的にキツかった。

多分だけど、体重も相当落ちてる気がする。ゴールが見えないマラソンはしんどい

8月12日
調子が良い時 36度後半
調子が悪い時 37度台

といっても1日のうちほとんどの時間は
37度台でした。
他の症状をすこしずつ落ち着き始める。
何かを頑張ろうとしたり、集中しようとすると
なかなか難しい。(熱が邪魔をする)
仕事の最低限のメールの返信等をやりながら、1日を過ごす。

身体が37度に対応して、慣れてくる。
人間の身体ってすげー。

8月13日
ほぼ完治?みたいな感覚。
37度に達する時間はほぼなくなっていた。
喉と鼻が本調子ではないという感じ。
ようやく、
狭い部屋に隔離されていることに
ストレスを感じ始める。
外に出て、身体を動かしたい〜〜〜〜!
1日中、寝たきりで逆に腰や肩が痛い。

8月14日

続・ほぼ完治。
熱も平熱。部屋の中で体操をしたり、
勉強したり
何か別の作業をしても集中できるようになる。
特にいうことなし。
隔離生活の解除は、8月19日。
8/8~8/18の10日間は隔離というルール

8月15日

完全に油断。
再度、熱が急上昇。

身体は回復したと思っていたのだが、
突然に38.0まで体温が上がる。

結果的に、夜の20時~24時の間だけ38度台
次の日からは
比較的、元気でした。

再発ということもあるらしいので、
気をつけたい。

冷えピタを追加発注した

まとめ

まとまらないまとめになりますが。
とにかく熱がしんどい。
巷では、
「コロナは風邪」「コロナは重い病気」
みたいな考えがあるらしいですが、

罹患してみた感想としては、
インフルエンザの上位互換?
*あくまでも一個人の感想です。

コロナで亡くなっている方や重症化している方も多いので、油断しないこと。
感染しないに越したことないと思います。

おたすも重症化したり、最悪の場合は、、、入院などのケースもあったのかなと。

本当に怖いウイルスだなと思いました(小並感)
(今後も油断しないように)

まだ、完治したわけではないので
気づいたことを、また隙を見て書きたいと思います。

マラソンとの絡み

このブログを見てくださっている方は、
ランナーも多いと思いますので、
その辺りのことを少し。

肺炎になるケースが多い(らしい)ですが、
おたすは、今現在、息苦しさを感じることはありません。
(夜の寝苦しさはすごい)

ランニングを再開していないので、
・どれくらい体力が落ちた
・筋力が落ちた
などはわかりませんが、、

インフルエンザにかかって、
1〜2週間練習を休んだくらいの
イメージで復帰できるかなと、、、
ポジティブに考えています。

この辺りは、復帰後にまたブログやYouTubeで
発信することができればと思います。

最後に、、

長くなりそうなので、この辺で
このウイルスのやっかいなところは、
熱や肺炎ではなく、、人に感染しやすいところ
だと思います。

人に感染させやすい
→人と会うことができない
→孤独感を感じやすい
→ネガティブ思考
→重症化?

おたすも、38度で深夜に1人でベッドで
寝転がっている時は、、、
このまま治らないし、誰かに看病してもらって
生き続けるくらいなら、、、

「このまま○んだ方がラクじゃね?」


なんてことを一瞬頭をよぎるほど、、
(基本的に、おたすはめちゃくちゃポジティヴ人間

なので、こんな世の中でですが
ポジティヴな気持ちが1番の予防になるような気がしているので、、、、

早めの競技復帰をモチベーションに
頑張りたいと思います。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました