スポンサーリンク

スポンサーリンク




まるおカップ〜ペーサー編〜②〜

トレーニング

駅伝メンバーの選考レース

まるおカップ〜ペーサー編①〜 の続きになります。

無事、自分のペースメーカーの仕事を終えた後。

ランニング食堂さんの「肉が離れそう」とSOSが。

そして舞い込んできた
「15分30秒のペースメーカーできませんか?」との依頼が。

このゼッケンは自分には重すぎた….


自分が、体力が万全の状態でも引っ張り切れるペースではない。
3分06秒/kmでのペースはかなりいっぱいいっぱい。

たまたま会場に来ていたランナーにペースメーカーを協力を依頼。
本当に助かった〜 ありがとう〜

楽しそう

自分1人では、アシストすることすらままならないと思っていたので、ありがたい。
そして心強い。

そして、それが駅伝メンバーを決める選考レースらしい。
よりピリピリとした緊張感が伝わってくる。

ランニング食堂さん

ランニング食堂さんと5000m最終組のメンバー。

ピリピリした緊張感

 
高校生たちの目はガチだった。

画像は3000mの時のもの

高校生の時の自分をすこし思い出してみたり。
駅伝メンバーのに入るためには、【15分30秒】が1つの基準になっていたのかな。

スタートしてから、10人ほどの集団が、9..8..7..6人と絞られていく。
後ろの様子を見ながら、3分05秒/kmペースで引っ張り。

ラストは、やはりキレがある人が多かった。
若いって素晴らしいね〜!
ラスト200mで引っ張っていた高校生全員に抜かれました 笑
本当に良いペーサーの使い方をしてくれました。

あの熱いバチバチした感じがたまらないね。
動画を確認したが、大人数が15分30秒をクリアできたのではないだろうか

打ち上げ

最後は、ボランティアスタッフで打ち上げ。
そして、第3回へ。
反省点や改善点の洗い出し。
基本的にボランティアで参加している方はランナーが多かった。
すごいね…….


予定が合えば、次もペーサーとして参加させていただければと思います。
もちろん、選手としても…..!

参加されたランナーの皆様もお疲れ様でした。
ナイスランでした。

来週はいよいよ本命のレース MKディスタンスチャレンジ。
怪我もあったけれど、コツコツ積み上げてこれているのと思うので、
現時点での持てる力を全て出し切って、記録をしっかりと出したいと思います。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました