スポンサーリンク

スポンサーリンク




まるおカップ〜ペーサー編①〜

レース

運命の日

第2回まるおカップに申し込みをしてから。大会当日まで
正直、自分のレースよりも緊張していた。

そして迎えた、大会当日
設定ペースでしっかりと走ることができるかなどうかな?ということよりも、
「走っている途中でお腹が痛くなったら、どうしよう」
「靴紐がほどけたら、どうしよう」
「ペースが速い、(遅い)と文句を言われたらどうしよう」etc……

なんやかんやで当日を迎えました。

嫁ラン(朝ラン)

土日の恒例行事になりつつ、嫁と朝ラン。
今日は時間の関係で3キロだけ。
自分から「引っ張る」と言っていたので、うしろからついていく。

今は7分00/kmペースがちょうど良いらしい。

いつか一緒にまるおカップに参加できたら良いな〜
そして、セブンコーヒーを飲んで、
舎人公園へ出発。

準備編

大会運営の大変さを学びました。
何もない競技場を「大会会場」という場所へ変えていく。
その過程をしっかりと見ることができました。

設営中

準備等の中には、小さなトラブル等はあったけれど
進行通りに進んでいく。

ペースメーカー

17分00秒→18分30秒に変更

本日のペースメイクの仕事は、3本

・3000m 11分30秒
・5000m 20分00秒
・5000m 18分30秒

  ほぼ設定通りにクリア。

レース後に
「自己ベスト出せました」 「良いペースでした」
と感謝を伝えられるのは、 素直に嬉しい。
たくさんのランナーや気合や熱量に触れることができ
自分がたくさん元気をもらいました。

またそんな素敵な来会に、
こんなどこの誰かわかないようなランナーを
ペースメイカーとして走らせていただき、ありがとうございました。

と、おわらず
その後に、設定【15分30秒】の高校生を引っ張ることになるのであった。
さらに、そのレースは高校駅伝のメンバーを決める選考レースらしいのであった

つづく


コメント

タイトルとURLをコピーしました