スポンサーリンク

スポンサーリンク




まるおカップ 1500m3組目 5000m2組目

未分類

ダブルヘッダー

9月21日(月)
本日はまるおカップに参加するために
舎人公園陸上競技場へ。
本日は1500mと5000mのダブルヘッダー
間は40分程度(5000m1組分)

目標
【1500m:自己ベスト4分24秒83の更新】
→4分20秒のペースメーカーについていけるだけついていき、
ラスト上げることができたらあげる。
【5000m:組の1着狙い】
→レース展開がわからないので、様子見をみながら組の1着を狙う。
1500mの疲労度しだいだが、頭を使いながらレースを進めたい。
疲れた状態での閾値走を意識。トレーニングの一環と走る。

当日のコンディション

9月に入って、少しずつVO2MaXが上がってきているらしい。
(参考値程度)
ロングランをコツコツやると少しずつ上昇する気がする。

高いの?低いの?
優れているからいいの?

コンディションとしては。前日に引越しの準備をしていたので
すこし腰が痛かった。重いモノを持ち過ぎた。

1500mレース展開

まるお部長さんが4分10秒ペースメーカー
ランニング食堂さんが4分20秒ペースメーカー
自分の目標タイムは4分15秒。さてどちらについていくか
悩んだ結果。
出された結論は、ランニング食堂さんの4分20秒ペースについていくこと。
ラスト余裕があったらあげよう。そんな感じ。
ラン食さんの後ろはとても走りやすかっただけに、もったいなかった。

1500m結果

手元で4分19〜20秒 下手したら、21秒くらい。
いずれにせよ。自己ベスト更新は間違いない。
8月10日にMKディスタンスチャレンジで出したタイムを3秒前後更新。
今度は、体調とピーキングを万全にしてレースに臨みたい。


ラストがあまり伸びずに、、悔しい結果に。もう一回切り替えることができるはずだった。
すこし、ご飯を食べすぎて、お腹が重かった。

5000mレース展開

5000mのレース動画はYoutubeにアップしました。
まるおカップ5000m 2組目

1〜3着が賞品がもらえるので、順位狙いのレース。
最初は1500mで使った足を回復させることをイメージ。

レース序盤、余裕そう


さすがに3分30秒/kmの前後ペースは余裕があったので、少しずつ回復。
しかし、3000m過ぎから1500mの疲れなのか、5000mの疲れなのか
すこし足が重くなり始める。回復と疲労に対して追いつかなくなってきた。

ラスト2000mから前に出て勝負をかける予定でしたが、
風も強かったのと、逃げ切れる自信がなかったので予定変更。
1600mからペースアップ。
5〜6人くらいの集団を引っ張る形。何人か後ろについてきていて不気味だった。
ラスト800の段階で、自分を含め2人にまで絞られていたので。

後ろの方も余裕ありそうだった


思い切ってスパート。うまく振り切ることができました。
すこし1500mの疲れがあったような気もしないでもない。

ラストスパート

うまく逃げ切ることができました

5000m結果

練習の一環で、余裕を持ってペース走感覚+ラスト上げる ことができたので
冬には5000mのタイムがある程度狙えるかな?16分40秒くらい出るかな….
3分20秒/kmのペースでどこまで押せるのか

まとめ・振り返り

練習通りのタイムという感じ。
良くもなく、悪くもなく。
ただ、この「まぁまぁな状態」を続けていくことで、上のレベルで到達することができる思う。
「ぼちぼち」「まぁまぁな状態」を積み上げていく。
1500mはしっかりと記録が伸びているので、この調子で。
原理・原則に基づいた練習をしていく。リディアード式が自分には合っている気がする。

レースの結果の「数字(タイム)」に一喜一憂するのではなく、
レースの中でどんな動きができたのか、どんなことを考えて走ったのか
それを復讐して、課題をクリアしていくことが次につながると思う。
今回、自分の場合は1500mの時に考えていたのは、
「1000mを2分50秒で通過したあと、残り500mでどの程度身体を動かすことができるのか?」
→結果:残り500mは3分00/kmペースで走れなかったので、その課題をクリアしていく。
そのために、何をするのか?
・1000m2分50/kmのペースに身体を慣らさせるのか?
・閾値走でキツくなる時間を後ろに伸ばすか
・ラストのキック(スパート力)をあげるのか

そういうことを考えていく過程が今は楽しい。

まるお製作所(部長)さん
ランニング食堂さん
まるお製作所(社長)さん
ポップラインさん

雰囲気の良い、とても楽しい大会の企画・運営ありがとうございました。
第2回大会も参加いたします!
おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました